いざ、ボケ防止、物忘れ防止のために脳活性化トレーニングをしても、苦痛だけでは長続きしません。
しかし、毎日少しずつ行わないと効果が表れないものです。
継続は力なりといいますが、脳活性化もまさに継続が必要なのです。
その継続するためのアイディは以下のとおりです。
・毎日の日課にする
 そのような状態になるまで、ひたすら頑張るという方法があります。
 ランニングと同じで継続していくうちに、ある時からこれを続けていないと気持ちが悪い、落ち着かないという状態になります。
上記の方法だけですと、モチベーションが落ちるとともに、一度やめると再継続が難しくなります。
そこで次のような方法があります。
・仲間を巻き込む
 家族、友人、会社の同僚と継続することを約束し、お互いがお互いを監視するような状況を作ることです。 
・競争相手を作る
 見ず知らずの人でも、この人を超えることを目標にする!など目標の人の数字を超えることを継続のモチベーションとする方法です。
・公言する
 ブログやフェイスブック、職場の同僚や家族など、いつまでに・なにを・どうするのか、としっかり公表することで後戻り、中断ができない状況に自分を追い込む方法です。

  • 脳活性クイズ問題作成者としてテレビ出演しました
  • 学生時代のアルバムを見かす
  • 脳活性化に欠かせないもの
  • 電卓を左手でうつ
  • マウスを使う手を逆にする
  • ボケ防止対策・若年性健忘症対策
おすすめの記事
頭の体操クイズ
1) 「きおく」に鮮明に残る  2) 20÷3×6= 3) ホームページを「えつらん」する 4) 売上1000円、原価800円のとき、原価率...
右脳パズル
サンダーパズル コンピュータで遊ぶことを目的として考え出された絵あわせパズルです。 右脳の活性化にも役立ちます!...